元fiat panda旧式乗り。音楽/絵/ドライブ/ボードゲームが好きな32才。1歳の甥っ子に首ったけ!
<< 鳥頭 | main | 人間解体 >>
ねんしナナメギリ その1・東京回想
半月ほどさかのぼりながら、近況めも1<東京編>
たのしいこといっぱいありましたのでながいです。
が、まいにちがいっぱいいっぱいで、あっというまにじかんがすぎさっていくので
こわいです。浦島花子なかんじです。

覚え書きみたいなもんで、よんでくれるひとのことをはいりょしてない文ですみませんが。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -
●1/16(土)●

(1分20秒あたりからはじまりますよ)

退社後、銭湯「二宮温泉」であったまってから、夜行バスで神戸発。
しずしずと梅サワー飲みながらゆられていると、
バスのカーテンの隙間から高速道路の明かりが乱反射して入ってきて車内がきらきらするのね。
昔を思い出してAOHARU YOUTHを聴いた。最高に綺麗でしたよ。
大学のとき、東京へ出た人と遠距離恋愛してた頃のかんじがありありとよみがえる。
朝6時に新宿着。くるりの「グッドモーニング」の歌詞そのまんまの冷たい空気。

●1/17(日)●


昼すぎ、cocoTナカマ、宮原さんの個展in表参道HBギャラリー。いやぁパワフル!
HBは立地的にもかなり有名で、業界のかたからの注目度も高いギャラリーだそうですが
作品のボリュームという点では、より広いところでやったほうが映えたんじゃないか
という位、質だけでなく量的見応えがありました。

みやちゃんは私の今まで出会った中でダントツ一番に「まっすぐ」な人。
でも作品の中の世界はぐにゃぐにゃと有機的で創造的で、どこまでもしなやかに広がっていきます。
彼女のなりふりかまわず常に全力でかけぬけているさまは、とても格好よくて
体裁ばかり気にして何もはじめられない私をしばしば恥ずかしくさせます。
彼女と出会ったことで、私は生き方を今からでも少し変えられるような そんな気がしてます。

夕方〜、東京現代美術館のファッション系企画展へ。
目当てはおすすめされてた「建築家・妹島和世さん+ギャルソンの空間芸術作品だったのですが
私が一番ひかれたのは
川久保さんデザインによる、着物のようなつくりの漆黒のギャルソンのコレクションを
平らに畳み・広げた状態で、巨大パネル写真でみせたもの。
でパネル手前にはそのドレスを着せたマネキンがありました。
布という平面を立体化し「着る」という行為を考えさせる。というものらしい

パネルの図(黒)と地(白)のコントラストが美しくて、
その静かで強い黒いシルエットは幾何学形態のようでありドイツタイポのようであり
一枚の書道のようにも見えた。
やはり2Dでご飯たべてる身だからでしょうか、平面作品への感度のほうが高いみたいですね。

ほかは、マルタンマルジェラのリサイクル品を使ったドレスのシリーズ
が素人目にもわかりやすく斬新でおもしろかったかな。

文化服装学院の生徒らしき、おしゃれな来館者の波にのまれながら美術館を出たあとは東京駅へ。
岡山にいる時好きだったタコライスのお店が「ハモニカクイナ」と名をあらため
東京駅は丸ビルに入っていたので、帰りしなに寄ってみたのですが。
予想外に完全なフードコートフロアでして、ゆっくり座れる席もなく、
目当てのタコライスは売り切れていました。(吉祥寺とあとどっか計3店舗位あるようです)
代わりのイエローカレーはそれなりにおいしかったですが、なんとも残念でした。

日帰りが惜しかった以外はおおむね楽しい旅でしたが、
寝不足もあってどうにもいらついたのが東京の地下鉄の表示板のわかりにくさ。
路線マークはおそらくかしわさんとか、著名デザイナーによるものだったと思うんだけど
表示板を作ったのだれですか!
右行き指示と左行き指示が合体してて、どっちさしてるのかがいまいちわかりませんよ〜
まぎらわしいのでちゃんと間隔はあけてください!   byおのぼり


宮ちゃんこと宮原さんのHP
http://hacco.hacca.jp/

BLOG
http://5.hacco.hacca.jp/

- - - - - - - - - - -
●BGM
AOHARUYOUTH/supercar
グッドモーニング/くるり
矢野さんverもしみるんです
宮原さんの絵は色彩が優しくて、見ているこちらも優しい気持ちになれますね。
素敵です。
東京行ったのですね。あっちのほうは気になる企画展が沢山開かれてて
良いですねぇ。どうせ岡山は田舎です。大阪とか出ないと面白いのがありません('A`)

えいさんは今年、個展をするのを目標にしてましたよね?
楽しみにしてますねー。
かなみつ | 2010/02/04 20:55

こんなぐだぐだ記にも、いつもコメントありがとうございます 泣

彼女が強くってやさしいのはほんとですが、
本新作の原画は、蛍光色を多用したやさしい以上にパワフルなセカイでしたよ。
ギャラリーで新たに会ったお客さまもどんどんひきこまれたとおもう。
またサイトにもUPするんじゃないかなぁ、伝えてときますね!

わたしの展示は…ルーズなくせにへんなとこだけ頑固なので
どうなるやらですが、あとで後悔のないものにしたいと思います★
その際は謹んでDMお送りさせていただきます。。
ei | 2010/02/05 13:01
COMMENT









Trackback URL
http://blog.beam.noor.jp/trackback/1318077
TRACKBACK