元fiat panda旧式乗り。音楽/絵/ドライブ/ボードゲームが好きな32才。1歳の甥っ子に首ったけ!
<< このごろの絵 | main | くじらのワンピース。 >>
David grubbs

|2010-32|
うーん。 色々さておき。 

最近購入したDavid Grubbsのソロアルバムがヘビーローテすぎます。 

※drug cityオフィシャル 視聴できます 
ほっこりした1曲目に続き、2曲目がとてもおすすめ。つぼ。 つぼ。

この人は私がたびたび紹介してるユニット・元Gastr del solで、
 Jim'O roukeのかたわれだった方。 
フォークがベース、なんかこの、地味でちょっと陰気だけど 
人肌を感じる控えめなあったかさ。ほんとうに良い。 



そもそも、ジムオルーク経由でガスターデルソルを知ったけど
ガスターの音楽はグラブスのカラーが強いと思う。 
サイドにも表示してる「upgrade & after lifeは 
暖かさと冷たさ、ジムとグラブス、緊張と弛緩…とか色々が、 
よりうまく拮抗してるように感じる。ほんとにお気に入りの1枚です。 

最後のアルバムカモフルーアは POPで比較的明るくて聴き易いんだけど
ジムのカラーが強いから、 それ以前のアルバムのほうがわたしは好みだ。 

ジムは人をくったような天才肌 
デビッドグラブスは内省的で実直なかんじのする秀才肌 …かな? 
(あくまで印象 実際はわかりません;) 




あ〜 家にひきこもってるからか、みょうに能書きたれてしまう! 

David Grubbs集めたいな。また来日したりしないかな。
この人を熱烈に嗜好していると、
自分がネアカなのか、実はネクラなのか、となんだかよくわかんない気分になる。


COMMENT









Trackback URL
http://blog.beam.noor.jp/trackback/1403189
TRACKBACK